生活費を借りる




生活福祉資金貸付の総合支援資金貸付


生活費を借りるなら、まずは公的な支援制度を活用しましょう。
生活福祉資金貸付制度の「総合支援資金貸付」なら、生活困窮にあえぐ低所得者向けに生活費を貸し付けてくれます。
この制度、原則として保証人が必要なんですが、仮に保証人が用意できなくても、1.5%という破格の金利でお金を借りることが可能です。(保証人がいれば無利息でお金を借りることができます)
金額は貸付金の種類によります。

総合支援資金貸付の種類


総合支援資金貸付なら、以下の3種類の貸付金が用意されています。

生活支援費


生活費に困っている方ならメインで検討する貸付金がこの生活支援費になります。生活を立て直すまでに必要となる日常の費用を借りることができる制度で、
二人以上の世帯・・・最大で月額20万円
単身の世帯・・・最大で月額15万円
借りることができます。
利用できるのは最大で1年間です。これでかなり助けられるはずです。

住居入居費


住居がない人向けに、まず住居の確保をしやすいようにと用意された支援金がこの住居入居費です。
文字通り、住居を借りるのに必要となる保証金や礼金・敷金などのお金を最高40万円まで借りることができます。

一時生活再建費


これは生活支援費のように毎月の支援ではなく、特定の目的のための資金、たとえば就職や転職のための資格取得費用などの為に最高で60万円まで貸し付けてくれる制度です。
公共料金の滞納分の支払いや債務整理にかかる諸費用などに使うこともできます。(ただし、多重債務の借り換えには利用できません)。

総合支援資金貸付制度の申し込み窓口


お住まいの各市町村の社会福祉協議会が支援金貸付制度の申し込み窓口になっています。

銀行のカードローンを持っておく


銀行などの民間金融機関が展開しているカードローンも、いざというときのための備えとして一枚持っておくと心強いです。
使用目的が厳格に決められている公的な支援金とは異なり、カードローンの場合は限度額の範囲内であれば繰り返し何度でも融資を受けることが可能です。年会費等はありませんし、提携ATMでの利用が可能ですから、コンビニのATMで借り入れや返済が可能だったりします。使い勝手としてはこちらの方が便利でしょう。銀行のカードローンを利用するには審査があります。必ず借りられるわけではないですが、「一応ダメもとで申し込んで審査してもらおうか。。。」くらいの気持ちで申し込まれる方が多いようです。

三菱東京UFJ銀行カードローン


銀行のカードローンの中でも一番人気があるといわれているのが三菱東京UFJ銀行です。低金利ですし、限度額の最高も高額ですし、なんといっても世界的な大銀行だという安心感が強いようです。
貸付条件は以下のリンクをクリックしてご確認ください。インターネットからなら24時間いつでも申し込みが可能です。
>>貸付条件を確認してみる



じぶん銀行カードローン


じぶん銀行というと聞きなれないかもしれませんが、じぶん銀行は、あの三菱東京UFJ銀行と、KDDIという大会社が合弁で作ったインターネット銀行です。携帯電話からでも口座管理がしやすいことが最大の特徴で、便利に使えると人気になっています。
こちらもカードローンを展開しており、インターネットから24時間申し込みが可能です。
>>貸付条件を確認してみる

住信SBIネット銀行カードローン


こちらもじぶん銀行同様にネット銀行となります。こちらはとにかく低金利ということで人気になっています。カードローンの金利としては国内でもトップクラスの低金利です。
こちらもカードローンを展開しており、インターネットから24時間申し込みが可能です。
>>貸付条件を確認してみる


ほかにも銀行のカードローンは数多くありますが、金利が若干高めだったり、店頭まで出向かなくてはならなかったりと、多少の不便を伴うようです。
やはり一枚持っておくなら、全国区の大銀行のカードローンが安心です。口座をもってなくても申し込めます。

 

 

 

リンク集

-PR-
FX特徴